ペット可の賃貸物件が希少な理由とは

ペット可の賃貸物件が希少な理由とは

ペット可の賃貸物件が希少な理由とは 動物が好きで、家でペットを飼って暮らしたいという人は多いと思います。
一戸建てを購入すれば、誰に気兼ねすることなくペットを飼うことはできますし、分譲マンションでも最近ではペット可の物件も増えてきています。
しかし、残念なことに賃貸で探してみると、ペット可の物件はなかなか見つかるものではありません。
一番の理由は部屋の傷みが早くなるからです。
室内で犬や猫などのペットを飼うと、どうしても爪などで壁や床などに傷がついてしまいます。
また長期間になれば、部屋にペットの独特のにおいがついてしまうこともあります。
賃貸契約の時点で、入居中や退去時の精算について様々な契約がなされますが、「ペット可」と記載してしまうと、ペットによってつけられた傷なども常識的な範囲内であれば、借主に現状回復の責任はなく、退去時には貸主側が修理やクリーニングを行わなければなりません。
貸主側にとっては負担が大きくなります。
また、マンションなどの場合は、すべての住居でペットを飼っているわけではありません。
ペットの鳴き声などの騒音問題は、近隣住民同士のトラブルの原因になることが多々あります。
貸主側としては、なるべくならそういった争いの種になりうる可能性のあることは避けたいという思いはあるでしょう。

ペット可の賃貸物件でも「犬可」で、「猫不可」の物件が多い

「犬可」で、「猫不可」の物件が多い 現在ではペットも大切な家族とされるようになりましたから、賃貸物件業界もかつてと比べればペット可の物件が非常に多くなりました。
ペット愛好家としてはこれほど嬉しいことはないでしょうが、しかしよく規約を読むと「猫不可」の三文字が記載されていたということは少なくありません。
しかしこれには確かな理由があり、まず理由となっているのが「猫は爪を研ぐ生き物だから」ということです。
猫を飼った経験がある人だとすぐにイメージ出来ますが、猫は爪の表面にある古い爪の層を剥がすために爪とぎを行います。
これを賃貸物件の壁などでやられてしまうと壁紙がぼろぼろになってしまいますし、壁紙の内側の石膏ボードまで傷がついてしまうこともあります。
壁紙交換であればまだしも石膏ボードまで交換するとなるとかなりの修繕費がかかりますから、猫を飼うのは勘弁して欲しいという大家は多いのです。
また「犬と比べると外出頻度が高い可能性がある」というのも重大な理由です。
室内犬であれば住んでいる家の外に出るということはほとんどありませんが、猫となると少し開いた窓からするっと外へ出て行ってしまうことがあります。
そうなってしまうと物件の周辺でトラブルを起こすリスクがありますし、共用部を汚してしまうリスクもありますから、やはり犬と比べると猫を飼われると面倒なことが増えるという意識があるわけです。
ただ最初は猫不可になっていても管理会社や大家と交渉をして許可してもらえたというケースもありますから、もし魅力的な賃貸物件があれば軽く交渉して見るのも良いでしょう。

有名建築家が手がけた賃貸物件の魅力とは?

"ちょっと変わった物件に住んでみたい方は、有名建築家が手がけた賃貸物件を探してみるとよいでしょう。そのような物件は、外観が特徴的なデザインになっていたり、内装が一般の物件と大きく異なる場合があります。デザイナーズマンションのようにおしゃれな設備が整っている物件も多いです。毎日新鮮な気持ちで生活できることでしょう。
有名建築家が設計した賃貸物件を探す際には、地元の不動産会社に相談したり、賃貸物件検索サイトなどをチェックするのがおすすめです。人気の物件はあっという間に申し込みが終了してしまうことも珍しくありません。住みたいと思った物件が見つかったら、できるだけすぐに問い合わせて内見の申し込みをしておくことを勧めします。近年はインターネットの画像や動画だけで選ぶ人も多くなりました。ただし、あとから思っていたのと違ったというケースも珍しくありません。実際に物件を見学してから、入居するかどうかを判断してみてください。

お得な住まいを探しているなら賃貸物件がおすすめです

これから先の将来のことを考えると、固定資産税などを支払う義務があったとしてもマイホームを購入してしまった方が安定性があって非常に良い選択と言えるのですが、まだ20代30代のうちはなかなか仕事が安定しないため、ローンを組むにしても後で負担に感じてしまうことが少なくありません。
そんな方でも気軽に暮らしていけるのが賃貸物件になるので、家賃を支払っても自分の家にすることができなくても良いとするなら、ぜひお得な住まいとして定評がある賃貸物件を新たに探してみてはいかがでしょうか。
また、お得な住まいを確実に提供してくれると大評判になっているのが「部屋まる」になるので、今からでも直ぐに契約して引越しをしたいと希望しているのならぜひ利用してみることをおすすめします。
部屋まるなら優良物件を多数提供してくれることはもちろん、家賃が相場よりも安くて駅から近い快適な場所もしっかりと確保しているので、きっと満足のいく物件に出会えるはずです。

賃貸物件は戦争有事に備える上でも柔軟性が高い

住宅には賃貸と購入がありますが、前者は例えば戦争有事が発生した場合に、退去や入居のしやすさから柔軟性が高いといえるのではないでしょうか。これが持ち家だと急に戦争が始まったり、自然災害が発生しても手放して逃げるのは心理的にも難しいです。
資産と命のどちらが大事かは明白ですが、現代の特に平和を享受してきた日本人にとっては、資産も命と同じくらいに大事だと感じがちです。賃貸物件は入居者の持ち物ではないので、持ち家ほど手放すのは惜しくありませんし、戦争有事が発生してもあまり迷わずに退去を決めることができます。どういった荷物をまとめてどこに逃げるかという課題はありますが、少なくとも入居に関しては賃貸を選べば、心理的にも経済的にも難しくないはずです。大切なのは早めに入居先の賃貸物件を選んで決めることで、空き部屋が埋まってしまう前に確保することで、早め早めに行動すれば家族や親族にも迷惑を掛けずに済むのではないでしょうか。

蓄電池付きの賃貸住宅は毎月の電気代を軽減させることができる

電気代が高くなっている昨今、蓄電池付きの賃貸住宅ですと、毎月の電気代を安く済ませることができます。 蓄電池が付いているということは、屋根にソーラーパネルが付いている事が多いです。
蓄電池のシステムが自宅内に設置されているとソーラーパネルで作られた電気を溜めておくことができるので、画期的なシステムとなります。 ソーラーパネルを設置するだけで何百万もかかったりメンテナンスが必要になることから、賃貸ですとソーラパネルの設置代など支払う必要がなくなります。 今後も電気代がアップしてくるので、このような状況下では蓄電池付きの賃貸物件が人気がでるのは目に見えてます。 ソーラーパネルも劣化することがありますので、交換をしなければならなくなり、交換代だけでもかなり出費です。 賃貸物件に住む方はそこにずっと住まれる方は少なく、何年かしたら引っ越しをされる方も多いです。
蓄電池には晴れの日だけでなく曇りでも電気が溜まっていくので、余った電気は電力会社に売ることもできます。

賃貸物件だとしても近隣づきあいはとても大事

持ち家と違い賃貸物件に住むというのは、気軽なものです。しかし、それでもいくつか行わなければならないことはあります。そのうちの一つとして、近隣づきあいが挙げられます。
近所の方々と円満な関係を続けることで、さまざまなメリットを得られるものです。例えば、余った食材などを頂けることもあるでしょう。その近所の激安スーパーなどの情報を得られることもあります。また、近所の方々と丁寧に接していると、仮に事件があったときでも疑われることはありません。この付き合いができていないと、事件があったときに疑わてることもあるでしょう。そう考えると賃貸物件に住んでいたとしても、しっかりと近隣づきあいは行うべきです。どうせその場所に住み続けるわけじゃないからと、周辺の住民との関係をシャットダウンするような人もいますが、それでは快適に住むことはできません。その場所で快適に住みたいのなら、周りの住民との付き合いはきちんとおこなうようにしましょう。

文京区賃貸のお役立ちサイト

文京区 不動産 賃貸